患者さんの情報

香川県糖尿病協会の活動

香川県糖尿病協会では総会(講演会)とウォーキング事業と年2回の新聞発行を行っています

総会は春と秋の年2回行い、同時に講演会を行っています。ウォーキング事業は年5回の5つの医療圏で一か所ずつ行っています。

どちらも香川県糖尿病協会の会員以外の方も参加可能です。会員の方には新聞を通じてご案内をしています。


日本糖尿病協会について

日本糖尿病協会は、糖尿病の患者さんの会です。糖尿病に関する正しい知識の普及啓発、 患者及びその家族への教育指導、国民の糖尿病の予防、 健康増進への調査研究を行うことを目的に、1961年(昭和36年)に結成されました。その後、1987年(昭和62年)に日本糖尿病協会となり平成25年に公益社会法人になりました。

日本糖尿病協会には、糖尿病患者とその家族、医師、看護師・栄養士・ 糖尿病療養指導士などの医療スタッフで作られた約1,500の糖尿病「友の会」があります。